読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロの人間です。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

将棋界を盛り上げるためには、外国人のプロ棋士が必要だ

将棋 妄想

こんにちはヤチローです。

 

俳優の神木隆之介さん、将棋アマ初段と認定されました。

神木隆之介、将棋の腕前は「アマ初段」 日本将棋連盟から免状を授与

 

3月のライオン』というマンガの実写化が、来年されるようですね。

個人的には、今年11月ロードショーする、『聖の青春』が観たくて仕方ありません。

satoshi-movie.jp

が、次回の僕の日本帰国は、来月10月。・・・無念だ。

原作本と映画の予告しかみていない僕ですが、この映画、全力でオススメします。

 

 

聖の青春 (角川文庫)

聖の青春 (角川文庫)

 

 

 

原作本の『聖の青春』、これはノンフィクションです。

 


 村山聖さんの壮絶な人生については、次回投稿でご紹介するとして、今回は、

将棋界を盛り上げるためには、外国人のプロ棋士誕生が必要だ

 

という僕の持論を、展開していきます。

 

はじめに

初めに、基本的なことを確認していきます。

将棋人口はどれぐらいでしょうか?

 

レジャー白書によると、15歳以上の将棋参加人口は、2014年で850万人ほど。

僕の熱中していた1996年の時には、1200万いた将棋人口が、30%も減っています。

 

一体なぜ、将棋人口は減っているのでしょうか?

 

理由として考えられるのは、

  1. 娯楽の多様化→将棋・囲碁以外にも楽しめる娯楽が増えてきた
  2. 将棋にかつての盛り上がりがない

の2つです。

 

1. 娯楽の多様化

娯楽が多様化してきたことは、間違いありません。

ソーシャルゲームはスキマ時間に一人でできますし、レンタルフレンドを使えば話し相手にも事欠きません。

つまり、将棋を指さなくても、楽しいことはいくらでもあるんです、現代には。

 

2. 将棋にかつての盛り上がりがない

そう感じています。

1996年、将棋界は異常な熱気に包まれました。

そう、羽生善治棋士の7冠達成があったのが、この年です。

 

あの時は、一般人も将棋へ大変注目していました。

僕の小学校でも、当時将棋ブームが起き、教室にはいくつかの将棋盤が常備されていました。

将棋がそこそこ強かった僕は、そのブームのお陰で少しだけ人気者になれた・・気がします。

 

当時と比べると、残念ながら今は、将棋への注目度が低いです。

史上最年少棋士が誕生したり、アマチュアからのプロ編入制度が設けられたり、面白い出来事はいくつかあります。

でもそれは、将棋を知らない人にとっては、何ら興味の沸かない情報にすぎません。

 

ニコニコ動画などで将棋を放送したりと、将棋界も外への発信を意識していることは評価できます。

が、このままでは、かつてのような将棋ブームは、二度ど来ることはないでしょう。

 

将棋人口を増やすには?

将棋人口を増やすためには、どうしたらいいでしょうか?

 

僕は、海外普及が、今後必要だと考えます。

 

世界での将棋普及

将棋人口が1,000万弱であるのに対し、チェスは約7億人。

この差は、普及度によるものです。

もし仮に、将棋が世界中に広まれば、世界人口の1%を取り込めただけでも、将棋人口が7,000万増えます。

 

どのように海外普及を進めるか?

海外普及を進めるための効果的な方法は、

 

外国人プロ棋士を誕生させ、サクセスストーリーを作ること、です。

 

モンゴル人が相撲の力士を目指し、続々とやってくるのはなぜでしょうか?

それは、力士になれば、高い賃金を得ることができるからです。

給料をもらえる最低ランク、十両ですら、年収1,000万いきます。

これは、一説によると、モンゴル大統領の年収とほとんど変わらない金額のようです。

 

日本で稼いで自国へ戻れば、大富豪です。

実際に大富豪となった朝青龍などが自国へ帰れば、「ようし俺も」と考える若者が出てくるのは容易に想像できます。

 

これと似たような現象を、将棋でも起こせないでしょうか?

 

日本人同士でいくら競い合っても、世界では評価されません。

将棋が世界中に広まって、その中でも日本人棋士が最も強い、そこでようやくみんな評価するわけです。

 

将棋ブームは、世界レベルで

外国人が将棋を覚えるのは、大変です。

日本人ですら、駒の動きを覚えるのに時間がかかります。

 

でも、情熱さえあれば、決して不可能ではありません。

現在、女流プロ棋士を目指している、ポーランド出身のカロリーナさんは、

外国にいながら将棋を覚え、オンライン道場での強さが評価され、日本へ招待されました。

初の外国人女流棋士を目指すポーランド人

(将棋を知ったきっかけが、マンガ「NARUTO」らしいですよ。シカマルが将棋普及に貢献。)

 

ただ、カロリーナさんの例は珍しいケースなので、世界的な将棋ブームを引き起こすには、他の方法を考える必要があります。

 

外国人プロ棋士が誕生しやすい環境づくり。それは、

 

高額賞金つきの世界大会開催、です。

 

億規模の賞金が見込める場合、人生を費やしていいと思える人間が必ず出てきます。

世界にいる、天才的な思考の持ち主が将棋界に飛び込んでくれば、全く新しい将棋が誕生する可能性もあります。

 

ラスベガスのカジノで、MITの学生がボロ稼ぎする出来事、ありましたよね。

世界の優秀の人間が、本気で将棋を研究し始めたらどうなるか、興味ありませんか?

その引き金が、高額賞金つきの世界大会です。

 

これが実現すれば、爆発的な将棋ブームがやってくる、そう私は考えています。

「20○○年、将棋世界大会の開催!賞金総額○○億円!」

 

観てる側も、震えるほど面白い将棋の世界大会。

日本の伝統ボードゲームを世界へ発信する、いい機会だと思います。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

将棋を盛り上げるために、思ったことを書いていきました。

皆さんからのご意見も戴ければ、嬉しいです。

 

それでは、また。