読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロの人間です。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

【映画レビュー】The Birth of a Nation

映画レビュー Opinion

f:id:yachiro:20170206003643j:plain

どうもYachiroです。

 

日本に戻りました。

 

さて今回は、20時間弱あるモザンビーク〜日本間のフライトを利用し、

鑑賞した映画の1つをご紹介します。

 

今回ご紹介するのは、これ。

『The Birth of a Nation』 

www.youtube.com

 

簡単あらすじ

アメリカで奴隷解放運動を行った、アフリカ系奴隷のナット・ターナーが主人公の映画。

奴隷であると同時に神父であったナット。

白人に仕える奴隷たちへ宗教説教を行う中で、過酷な奴隷制度の現実を目の当たりにする。

悩みながら仕事を続けていた彼だが、ある日ついに我慢の限界に達し、

白人に対して反乱を起こす。

 

彼の解放活動は、果たして成功するのか?

 

 ナット・ターナーは実在した人物!

 

映画の主人公であるナット・ターナーは、19世紀のアメリカに存在していました。

 

ナット・ターナーまたは単にナット(英:Nat Turner、1800年 10月2日 - 1831年 11月11日)は、アメリカ合衆国奴隷であり、奴隷反乱の指導者である。通常はナットと呼ばれていたので、以下ではナットと表記する。ナットの反乱は1831年バージニア州のサザンプトン郡で起こり、アンテベラム(南北戦争に向かう時代)の南部では最も注目された黒人の反抗事例となった(ナット・ターナーの反乱英語版)。

引用:ナット・ターナー - Wikipedia

 

キリスト教の信仰の厚い人物で、反乱を開始する際は

「天から声が聞こえた」と言っていたようだ。

 

ナットが起こした反乱は、当時としては最大規模で、

白人によって支配されていたアメリカ社会に大きな衝撃を与えた。

 

映画を鑑賞→奴隷制度の理不尽さをまざまざと見せつけられた

この映画、心根の優しい人は観ないほうがいい。

かなりバイオレンスな描写があるので、天気は晴れなのに心は曇り、なんて心境になる可能性がある。

 

当時、白人の中に「奴隷制度」へ疑問を抱いた人物はいなかったのか。

自分より劣ると判断しただけで、人は人をモノ扱いできるのか。

観ながら思考が駆け巡った。

 

奴隷制度は、

「人は不幸のドン底に落ちてもいい、俺とその周囲だけ最高に幸せにしたい」

という思想がベースにある。

 

今でも大なり小なり、上記思想を抱く人は存在すると思うが、

「社会」が成熟したので、奴隷制度は認められていない。

もちろん、「社畜」という言葉があるように、奴隷と同種類の虐げが今の世の中にあることは、否定しない。

でも、レベルが違う、虐げの。

 

僕は個人的に、社会は少しずつ成熟している、と考えている。

奴隷制度が社会的に容認されなくなったことも成熟の証だし、

消費社会が一段落して、「持続的な営み」を意識し始めたことも、

人間社会が成熟の道を辿っている証だ。

 

この映画を鑑賞すると、ほとんどの人は嫌な気分になるだろう。

その感覚は、昔の人が持てなかった感覚。

絶対観たほうがいい!と進めるほど明るいストーリーではないが、

過去の常識を覗きたい人には鑑賞を勧める。

 

主人公を演じた俳優(兼監督)、人間性に問題ありか?

bylines.news.yahoo.co.jp

 

劇中、温和で優しい心を持つナット・ターナーを演じた、監督兼俳優のネイト・パーカー。

過去のレイプ疑惑が浮上し、本作の放映にも影響を与える事態となっている。

 

「人は不幸のドン底に落ちてもいい、俺とその周囲だけ最高に幸せにしたい」

彼もその思想を持つ人の一人だったのだろうか。

 

2016.tiff-jp.net

 

今回は以上です。