読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロの人間です。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

ギターを飛行機で持っていきたい、です

ギター

f:id:yachiro:20170211154917j:plain

こんにちは、Yachiroです。

 

来週月曜には日本を発ち、モザンビークへ戻ります。

暑い(モザン)→寒い(日本)→暑い(モザン)

というサンドイッチに身体が破壊されないことを願ってます。

 

さて、今回はギターを購入したので、モザンビークまで持って行く必要があります。

 

今までは、日本人ボランティアが置いていったギターを使っていたんですが、

・いつまで経っても、ギターを弾けてる感じがしない

・音が小さいので、歌うとギター弾いてる意味がない

 

という悩みを抱えていました。

ギターを弾けてる感じがしない、というのは、実力不足と考えてもいいと思いますが、

それにしても

Cコードさえ、Youtubeとかの弾き手と比べ、音が違う

 

これは高確率でギターに問題あり、そう考えていいと思う。

 

ということで、今回家族会議を開き、

「ギター購入の是非」

について、話し合った。

 

最終的に、

・このギター代は娯楽費ではない、これは投資

・必ず、このギター代を上回る利益をギターでもたらす

という、僕の根拠のない自信で押し通し、ギター購入の運びとなった。

 

せっかくなら、楽器の充実しているお茶ノ水がいいよ。

池袋から1駅だから、すぐすぐ。

 

そんな妻のアドバイスを参考に、行ってみましたお茶ノ水。

池袋から1駅ではありませんでしたが、楽器の充実度は満点でした。

 

歩けば楽器店にぶつかる、そんな通りがお茶ノ水にはありました。

いくつか立ち寄った後、予算内のギターが多いお店で、買いました。

 

お茶の水下倉楽器本店|楽器なら何でも揃うお茶の水下倉楽器

 

店員さんがものすごく親切で、僕の

 

アフリカでも耐えられる、頑丈なギターを買いたい

というワガママな要求にも丁寧に対応してくれました。

運搬用のハードケースも、中古の物を無料でいただき、本当に感謝、感謝の対応でした。

 

家で早速弾いてみて、感想。

 

ギターっぽい音が、出た。

 

すごい嬉しい。

というか、ギター弾くのってこんなに楽しいものだったのか。

上手くなりたい欲が一気に高まりました。

 

さぁ、これをモザンビークまで持っていこう。

そう考え、ネットで調べてみると、色々なネガティブ情報が出回っていた。

 

・預け荷物で預けたら、ギター割れた

・手荷物で持っていく場合、追加で1席分の確保代がかかった。

 

せっかく持っていって、現地で割れたギターと出会うのは悲しすぎる。

追加で座席代払うなら、今回ギター買わなくてよかったな。

そうした負の考えが頭によぎった。

 

航空会社によって楽器類の運搬規定が異なるようなので、

カタール航空へ問い合わせするか〜

そう思っていたら、知人からグッドニュースが

 

 

なんと、先駆者がいた!

カタール航空モザンビークまで手荷物で運べる、それも特別な手続き不要で。

有難い情報だ・・・

 

ということで、無事モザンビークまで新ギターを持っていけそうです。

来月、初ライブを現地レストランで行う予定なので、帰国後の練習に気合が入ります。

 

今回は以上です。